【読感】「掃除は「ついで」にやりなさい!」いあもう目からウロコどころの話じゃない。教科書ですわ。

掃除 書籍 購入履歴

そもそも、そうじというのは誰に学ぶのかというと、それは親だったり祖父祖母だったり、テレビだったり本だったり。
少なくとも勉強というカテゴリで学ぶようなものではないというのが認識ですが、この本はもうマニュアルですわ。
マニュアルというと堅苦しくて面倒くさいという印象が先走っちゃいますが、そうじゃなくて、掃除の基本の「き」からわかりやすく教えてくれています。
帯にもあるように、タオル一本での掃除の仕方、それはまずタオルの持ち方から目からうろこ。タオルの実際の使い方、絞り方など。まぁ恐れ入ります。
そして、タイトルにある「ついでにやりなさい」は、私もこれはじっせいんしていると思うことで、日頃やっている掃除にプラスして今日はココをやる明日はココをちょっとやるみたいな、プラスアルファを実践することによってキレイにしていくというものですね。
それと、これも書かれていましたが、水まわりをしっかりキレイにすることが鉄則と書かれています。
徹頭徹尾、理にかなったわかりやすい本、掃除の教科書になっています。これはスゴい。
…これを読むと無性に掃除がしたくなりますわwww
さすがはNHKのプロフェッショナルに登場される方だけあります。素晴らしい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      

こんな記事も読まれています