スケジュール帳の「もったいない」から起きた問題とその結果

スケジュール帳 購入履歴

201600911_00

今年の4月ごろに発見したスケジュール帳です。
黒ネコのチャームがアクセントのエンベロープ型カバーの手帳。
取り外し可能なこの黒の塩ビのカバーがすべてと言っても過言ではないのですが、ひと目でコレが欲しくなってしまい、勢いで購入したものの、使う機会がないままに、使うのがもったいないために、今のいままで未使用なまま眠っていたわけですが。
今年のスケ帳なわけで、来年使えるわけではありません。そのため、このカバーをなんとかして使うにはどうするべきか。中身を変えるしかありません。

201600911_01 201600911_02 201600911_04

 

探しました。ホントに探しました。
なんせ、メモ帳としてこのカバー付きで使うためにはコレでもかっていうくらい実際に差し替えてみてハマるかどうか確認しながら探しました。すると一冊だけサイズ・厚さともに合格点のフリーのスケ帳がありました!
差し替え用のB7サイズの厚さのあるノートというのはなかなか見つからないものですね…探すのにホント苦労しました。今後はこのサイズのカバー付きのスケ帳はかわないことに致します。

201600911_05

来年は同じマークスのクロネコのチャーム付きはB6サイズなどのひとまわり大きいサイズのものを使おうと考えています…w
そうすればメモ帳とスケ帳が同じ黒ネコのもので統一できますからねw

そうそう、差し替えできるB7サイズのノートもAMAZONで見つけました(近所の文房具を売っているところでは見つからず)。各規格のサイズをまとめているページも検索している時に見つけました。便利ですわ、このページ。感謝感謝。

 

 

ノート・手帳サイズ表|OSANPO Shopping
http://store.qol-web.jp/size/ 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      

こんな記事も読まれています