【読感】「機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝2」戦場の真実がある

コミックス 購入履歴

 

英雄が戦うサンダーボルト本編ではなく、その取り巻きなど一般人などが主人公となり目線がひくく設定されて描かれる外伝。
物語自体はやはりきらびやかな英雄譚こそ盛り上がるし人気もでます。
しかしながらこうした低め線での物語は決して廃れるものではなくて、現に映画はこうした目線のものの方が多かったりもしますね、特に戦争モノは。
今回のいくつかある短編の中でも英雄のためのたてになることにタウする疑問や不満、怒りが描かれているのは、本当に私がこうした状況下だと同じ思いになるのだろうなぁと共感せずにはいられませんでした。

ちなみに、ザク強行偵察型やらザク・フリッパーが登場するのはもう、嬉しすぎて泣いたw

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      

こんな記事も読まれています