【読感】 「ダンジョン飯 4巻」 ようやくダンジョン冒険モノ的な盛り上がりが出てきた

コミックス 購入履歴

ダンジョンでの食生活(?)をあたかも底で生活していたんじゃねーかという細やかな描写で綴る異色のマンガ。
ちょっと前にネットでも話題になった舞台になっている島が千葉県そっくりだという話もこの巻の冒頭にあります。
ネタバレ的なことは書かないつもりですが、カバーにも帯にもありますから多少はね?
レッドドラゴン出てきます。ダンジョンといえばドラゴンですが、そんな大したものが早々出てくるわけがないというのが私の考えているところですが、作者様はけっこう簡単に出しちゃいましたね。
これを出すとモンスターのインフレが止まらなくなるかと思うんですが、いかがですかね。
まぁそんなことはともかく、ようやくダンジョン冒険モノの醍醐味みたいなカンジになってきて私はうれしいですねw
やっぱりこうでなくっちゃw
そんなわくわくドキドキ感で盛り上がる巻になってます。面白かったです(・´з`・)

 

 

 

ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)

ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)

  • 作者:九井 諒子
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日: 2017-02-15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

      

こんな記事も読まれています