【読感】「中国嫁日記 六」 面白かったです。。。ですが、最後に泣けちゃいました。。。

 


 

今回で六巻目。
「中国嫁日記」今更ながらに買いました(気持ち的な余裕がなくてダメでした…)。
WEBのほうはちょっと見れていないんですが、機会があればちょくちょくは見ています。
その殆どはコミックス化してからまとめ読み。
こっちのほうがやっぱり面白いんですよ。
さて。
今回もドタバタでホント大変だなとか思っていましたけど、最後の最後に参りました。
ネタバレ的なことは書くつもりはアリませんので書きませんが、ホントに辛かっただろうなと思います。
人間は悲しみを乗り越えていくんだなぁと改めて感じました。
これからも作者様を陰ながら応援したいと考えております。

 

 

中国嫁日記 (六)

中国嫁日記 (六)

  • 作者:井上 純一
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日: 2016-12-28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。