【読感】月刊少年シリウス6月号 「人形の国」 「BLAME!付録冊子」いあもう満足

   2017/05/25


ちと遅れましたが、読みました(*´∀`*)
展開が色々とまた新しくなってきています。登場人物も増えています。
あまりネタバレを意識せずに書きますのでご了承下さい。
いいですね、絵柄はもちろんなんですが、話の展開の仕方も、
今までの弐瓶先生の作品が見事にミックスされて洗練されたきたようなカンジです。
ダルくならないというか。展開に機微があります。
惜しむらくはあまり説明が多すぎてしまうと想像することが大好きなBLAME!原理主義者のお楽しみがなくなってしまうという懸念が発生してきます。
BLAME!で味わった説明がまったくなしのあの読者放り投げっぱなし状態というのもなかなか大好きなんですがw

近日、記念すべき第一巻も発売になりますし、そろそろドメインとったサイトも動かさないとマズいと思ってます…。

 

 

それと今月号には付録にBLAME!冊子がついてきていました。
収録されているなかの「けいそじょし」最高ですwww
何度読み返してもニヤニヤが止まりませんwww
もうね、この作者様大好きになりましたw

プセルがガチ腐女子の設定大好きw

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。