【購入・感想】「クロミケ妖奇譚 1巻」猫又娘とオッサンのほっこり妖怪コミカルストーリー

 


※以下ネタバレを含みます。

ジャケ買いです。
猫です。猫又娘です。可愛いです。ツンデレ風です。これだけで「買え」というオーラガンガンです。
気がついたらポチってました。

買いました。読みました。ほっこりじ~んときました。

結論から言うと買ってよかったと思います。何度でも読み直せると思います。
今で言う夢破れた冴えないサラリーマン(鉄道マン)が居場所をなくして彷徨っていたら妖怪の国で運転手をすることになって、しかも「猫又娘クロミケ」の「飼い主=下僕」となって、一緒に生活していくみたいな話なんですが、ハラハラ・ドキドキというようなどんでん返しみたいなものは期待してはいけません。甘い生活というわけでもありません。ツンデレですからねw
私はそれよりも、ものがたりの端々にあるハッとさせられるようなセリフに考えさせられるものがありました。
忙しい毎日を過ごす今の現代人にとって、忘れてしまったことを思い出させてくれるような心に響くセリフが印象に残りました。

コミカルだけど現代を風刺しつつもほっこり心温まる読後感が幸せになるマンガだと思います。
いろいろ疲れた時にこれを読むと頑張ろうって気になるやもしれませんね(・´з`・)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

クロミケ妖奇譚 1 (裏少年サンデーコミックス)

クロミケ妖奇譚 1 (裏少年サンデーコミックス)

  • 作者:ロクザキ
  • 出版社:小学館
  • 発売日: 2017-09-12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。