【購入・感想】「ダンジョン飯 5巻」ファリンが活躍するかと思いきや、、、そうなの!?

 


ダンジョン飯5巻です。
相変わらずモンスターを美味しく食していますが、今回はおちおち飯を食っている場合じゃない風雲急な展開が山盛りです。
カバーにファリンが描かれているのでさぞや活躍するのだろうと思いきや…。
迷宮の主の狂乱の魔術師が登場したり、マルシルが石化して漬物石になったりなどなかなかおもしろい展開があります。
常々思うのは、この漫画は独特のノリがあって、緊迫しているシーンもどこかほのぼのしているというかちょっと深刻さが薄れているような気がしないでもないです。それは絵のタッチがそうさせるのか物語の性質上そうさせるのかわかりませんがそういう漠然とした感覚を抱いてます。
後半で登場する生物にダンジョンクリーナーという生物が存在しているというくだりはなかなかおもしろい発想だなぁと感心しました。ツッコミを入れるとすると、もう少し具体的な説明がほしいところではありますね。ある意味ご都合主義になってしまうので。

総じておもしろかったのはマルシルが漬物石になっちゃうところですねwww
今巻もなかなか楽しめました(*´ω`*)

 

 

 

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)

  • 作者:九井 諒子
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日: 2017-08-10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。