【購入・感想】「ニャンキーズ 2巻」読んで拳の語り合いに盛り上がって、最後にほっこり(・´з`・)

 


なんだかんだ言って2巻目買っちゃいました。
野良猫の世界を拳で語り合うヤンキーマンガ「ニャンキーズ」2巻目です。
物語としては「猫鬼の尾」との抗争に幕が降り、新たなる敵が現れます。

しかしまぁ、お約束と言うか、ほっこりできるマンガですね。
拳での熱い語り合いの先に待ち受ける展開。こういうお約束は絶対に必要ですよ(・´з`・)
だからこそ廃れないし、使われる手法なんだと思ってます。

キャラデザインに関しては、猫が先で擬人化しているのか人物が先で猫に置き換えているのかといえば
おそらく後者でしょう。
明確なキャラデザインがされていて好感が持てます。

衝撃的すぎるようなマンガが好みの方にはちょっと物足りないかもしれませんが、
私はこういうお約束ワールドは嫌いじゃないです。むしろ大好きですね(*´∀`*)

 

 

 

NYANKEES (2) (角川コミックス・エース)

NYANKEES (2) (角川コミックス・エース)

  • 作者:岡田 淳司
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日: 2017-07-25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。