【読感】「劇場版BLAME! 弐瓶勉描きおろし設定資料集」 素晴らしい。映画の情景・設定が直に伝わる珠玉の一冊

   2017/05/25


公開初日に朝イチにて観てきた映画「BLAME!」の設定資料です。
予約しておりましたので、映画公開初日に映画館にも売っていましたが、そちらは買わず、予約したものが到着するのを待ちました。中身を見て、映画の情景が直ぐさま浮かびます。

素晴らしい

と、まず書いておきます。映画ではちょっとしかでてこないシーンやアイテムに関しても事細かに設定が考えられているのかと驚嘆します。例であげると、「偽装ネット端末遺伝子」についての設定は秀逸です。細かすぎw
原作者自らが映画制作加わることで本当に素晴らしい映画になったのだと今あらためて実感する次第です。本当に適当に作られていなくてよかった、BLAME!のファンをしてきて本当に良かったと思いました。BLAME!の映画がよかったと思うのであればぜひコレは購入してもソンはないかと思います(*´∀`*)

 

 

 

 

劇場版「BLAME!」 弐瓶勉描きおろし設定資料集

劇場版「BLAME!」 弐瓶勉描きおろし設定資料集

  • 作者:弐瓶 勉
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2017-05-23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。