【読感】お約束オンパレードのパラレル戦争モノ 「レッドアイズ 21巻」期待を裏切らない面白さ

 


最近のマンガではどんでん返しがないとダメだとかどんでん返しだけではすまなくてアクロバットにしないとダメだとかそういうものは捨て置け!みたいなカタチで王道のお約束パターンを踏襲しまくっているド直球の戦争モノ戦記モノマンガの21巻目。
ネタバレ的なことは書きませんが、ようやく物語が終盤?に近づいてきたかも知れない匂いを感じさせていますが、おそらくココからも長くなるんだろうというのが予感としてありますし、これからが本番の激烈になっていくんだろうなぁという、終わりの始まりのラッパが鳴ったというべきなのでしょうかね。
とりあえず次巻の22巻が非常に楽しみになる状況でございます。

 

 

redEyes(21) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

redEyes(21) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

  • 作者:神堂 潤
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2016-11-17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。