【読感】彼とカレット。4巻「最終巻」

 


201600918_10

週刊アスキーにて連載されていた4コマまんがの単行本です。
基本的にはちょいシモネタで進むのですが、独特の空気感がたまらなく好きで、このマンガのためだけといっても過言ではないほど、真っ先に見ていたのを覚えています。
随分と長いことやっていたようにも思うのですが、それでも4コマになると4巻なんですねえ。。。
個人的にはこの空気感はいわばサザエさんのように普遍的なもので、あって当然ないのがおかしいみたいな感じでした。

このマンガの、独特の全編に通じて存在する「空気感」と「間」。

これに尽きます。こわはいわば、文章の「行間を読む」的なコマの間を感じる感じ取る的な面白さがありました。
この「間」を持つマンガが稀有だと思ってます(私が単純にマンガの量を見てないだけかもしれませんが)。

WEB上でも公開されているのでぜひ見ていただいて、私のいう「空気感」「間」を感じ取ってみてください。

201600918_11 201600918_12

彼とカレット。
http://weekly.ascii.jp/comic/kareto/

※ちなみにログが全部すっ飛んだので、好きなもの・ぜひ紹介したいものは新旧問わず掲載していきます。

彼とカレット。 (4)

彼とカレット。 (4)

  • 作者:tugeneko
  • 出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2016-06-24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。