【購入・感想】「ニャンキーズ 3巻」群雄割拠編はじまる!3匹の猫+1がやってきた!

コミックス 購入履歴

※以下、ネタバレを含みます。

ニャンキーズ3巻目です。発売日には買っていたんですけどね…。
さて。
2巻の終わりでナゾのハチワレによって猫鳴町に送り込まれた3匹の猫、ヒョウマ、ムゲン、Mrモーク。
この3匹はどうやらつるんでいるわけではなくそれぞれ単品で動いていて、知り合いでもなんでもないらしく、どうやったらこいつらを動かせたのかもナゾだけども、標的は主人公のリューセイなのは間違いさなそう。
リューセイたちはその3匹がやってきた情報をつかむがその目的がわからず巡回警備をしているさなか、遭遇戦のカタチで各々戦いが勃発していく。
その中にあって、タイガの弟ライガが現れる。ライガは猫鳴町を追われたらしいのだがその詳細は不明。ライガは兄であるタイガを想い、リューセイを倒すことを誓うが、リューセイと見誤ってリューセイへの刺客3匹のうちのMrモークを倒してしまう。
とまぁ、大筋ではこんなカンジですが。

3匹の刺客のキャラクターが面白いです。うまく差別化が図られていて、印象的です。
タイガとライガの兄弟の話も気になるところですが、「群雄割拠」というくらいですから、まだまだひと悶着もふた悶着もありそうな展開です。

リューセイの型破りなキャラクターはどこか憎めないいいキャラになってて今後の展開も楽しみです(*´ω`*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      

こんな記事も読まれています