【感想・レビュー】月刊少年シリウス7月号「人形の国」新たなる敵の存在 「オモテナシさんはもてなしたい」女同士のバトル!www 「EAT-MAN」遺物(メメント)は一体なんなのか!?

雑誌 購入履歴

※以下ネタバレを含みます。
ちょっと遅れましたが、7月号です。

 

 

 

「人形の国」

リドベア帝国の刺客通すを辛くも撃退したものの、イルフニクの里は壊滅。
どうして里の場所が割れたのかは、新たなる敵、自動機械を操る「ジェイド」の存在が明らかに!

次々と強敵が現れてます。ホント、やべえ。
エスローたちはどこに向かうのかは明らかになっていません。
ちょいこのあとの展開が読めないですね。面白くなってきましたw

 

 

 

「オモテナシさんはもてなしたい」

オモテナシさんが好いている原磯くんを巡るオモテナシさんと糸織さんのバトルw
前回で糸織さんはタイプの男を見ると我を忘れて暴走してしまうのが判明しておりましたが、今回も原磯くんを巡っての攻防が展開されますw
最後にはしゅららさんでオチがつきますが、オモテナシさんの隠された能力が今回明らかになりますw

今回でオモテナシさんはおもてなしできたという実感が湧いたようで、こっちもうるるとしてしまいました。
面白かったw

 

 

 

「EAT-MAN」

現代のTOKYOに出現した一行は、少年時代のボルトを巡り、東京にあるとされるメメントを巡る戦いが幕を開けようとしています。

それにしてもメメントが何であるかは未だ明らかになっていません。
帰還する術もまだ明らかになっていません。
ちょっと情報が少なくて、どうにも出し惜しみされてる感があってちょいストレス溜まりますねw

 

 



 



スポンサーリンク



 

 



No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

      

こんな記事も読まれています